スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
タイガー
ど~も、他人に誇れるものありませんドヤサです。

あけましておめでとうございます。
本年もこの腐れブログをどうぞよろしくお願い致します。

では続きへ




ゲーム編
~XBOX360の部~
「Forza Motorsport 3」(実績1000/1000)
とりあえずドライバー雇ったり自分でちまちまやってなんとか実績コンプしました
時間はかかったけど楽しかったですよ
記念に今まで自分が作ったバイナリグループをば
バイナリ売値売上数評価レイヤ数
コラッタ1000CR21★4.5232
マキロン(下)1000CR3★347
ロックマン(上)1000CR30★4.5183
リリエンタール1000CR2★4157
キングカワイソス1000CR22★4199
ペンタゴン5000CR10★4536
という結果になりました(2010年1月5日調べ)
一番の力作であるペンタゴンを作り終えたらもう精魂尽き果てて作らなくなってしまいました
ちなみに自分が一番気に入っているのは売上最低のリリエンタール
ジャンプの連載でも人気最低にならないことを切に願う

「The Beatles: Rock Band」(実績420/1000)
ギターヒーローみたいなゲームで曲がビートルズのものになっている
難易度は低めでエキスパートでもサクサククリアできた
やってから気づいたけどビートルズの歌をあんまり知らなかった
それはそうとゲーム内で当時のライブを再現している感じだったんだけど
客が歌を聞かずにキャーキャー喚いていてうるさかった
人気の凄さが伺える半面なんかビートルズが不憫に思えた

「Rock Band」(実績150/1000)
これまたギターヒーローなゲーム
収録曲はあんまり知ってる曲はなかったけどそれはいつもどおりなので問題なく楽しめた
しかしエキスパートの「Green Grass and High Tides」という曲が難しくて進めない
この動画の7:50から始まる譜面ができない
辛うじて行けることもあるけどその後の8:18から同じ譜面があるのでそこでアボン
簡単そうにみえるけど手が追いつかないのよ
今でも気が向いたら挑戦してるけどクリアできる気配がない

BAYONETTA(実績1000/1000)
デビルメイクライを作った人が手がけたアクションゲーム
素直におもしろかったファミ通で40点満点を取ったのもうなずける
アクション面は最初難易度を高く感じるかも知れないが
動きになれてくると凄く楽しいし華麗に舞い綺麗に止めをさせた時は快感
グラフィック面もとても綺麗でベヨネッタに見とれてしまうメガネ娘好きの俺には最高でした
また戦闘シーンのイベントも迫力があり尚且つスタイリッシュでこちらも見とれてしまう
音楽もいい感じにテンションを上げてくれる
実績も簡単
残念な点を挙げるとバイク面とシューティング面
楽しいは楽しいけど長い
これが程よい長さになっていればもっと評価できる
何はともあれ続編が出れば発売日に買うと思う

「Mirror's Edge」(実績315/1250)
現在進行中のゲーム
主観でのアクションゲーム
ビルからビルにピョンピョン飛び回りながら追手から逃げたりするゲーム
主観版箱○プリンスオブペルシャみたいな感じ(?)
ちょっと説明しづらいので興味を持った方はこの動画を見てください
動画を見ていただければわかると思いますが高所恐怖症の人にはできないと思います
またビル間の飛び移りを失敗すると当然落下するのですが
ヒョォォと風を切る音を立てながら落下し最後はドグシャっという音がなるこれがちょっと怖い
さすがに落下死体の描写はありません
正直言って主観でアクションゲーム?って思ったけどこれがなかなか面白い
でも頻繁に視点を動かすので酔うのが難点

現在の総スコア25160G

~PS3の部~
なんもやっとりません
近々「アンチャーテッド2」をやろうと思ってる

~DSの部~
「サクラノート ~いまにつながるみらい~」
前回の日記で次買いに行ってなかったら買わないって決めてたけど
買いに行ったら売り切れてた
売り切れてたって事は面白い!?ってことで結局通販で買ってしまいました
結果は買わなくてもよかったかなって感じです
ゲームのシステム自体は幼稚っぽいのに
ストーリーは何気に大人向けでちょっと昼ドラっぽかった

「レイトン教授と魔神の笛」
ゲームのシステム面では新鮮味は感じられなかったけど
やっぱりナゾトキは面白い
ストーリーもホロリと来るものでした
音楽もよかった
ただちょっとブロックパズル系のナゾが多かった気がする
嫌いなナゾなのでやめてほしい
クリア後の100時間遊べると噂のRPGですが
全然おもしろそうになかったのでちょっとやって放置してます

「風来のシレンDS」
死んだらLV1?アイテムもなくなる?何その糞ゲー
これが私がシレンに抱いていた印象
でもゲームセンターCXで有野課長が挑戦してるのを見て
なんだか面白そうだなぁって事でやってみた
これがびっくりする位面白かった
死んだら終わりという緊張感がすごい
もう絶体絶命な状況から手持ちのアイテムや状況を確認して打開できた時の達成感ったらない
逆にこつこつと鍛え上げた武具がちょっとしたミスで台無しになった時の絶望感もすごい
もし私同様「何その糞ゲー」なんて思ってる人がいたら
そう決め付けずに是非ともやってみてほしい
ちなみに現在の進行度は
テーブルマウンテン、食神のほこら、掛け軸、フェイの問題をクリアしたところ
そして次は儀式の洞窟を攻略しようと武器を鍛え中

~PSPの部~
何にもやっとりません
「EVER17」を全シナリオみたいけど面倒で放置中

~Wiiの部~
「428~封鎖された渋谷で~」
やっと全部のシナリオクリアしました
しかしまだ隠し要素は全て出し切ってないようです
でももう満足なので終了にします
いやぁ面白かった

「テイルズオブグレイセス」
ストーリー以外は面白かった
キャラも最初は魅力感じないキャラばっかりだったけど
ラント3兄弟以外はいいキャラしてたのでスキットも楽しくてよかった
戦闘は今までの通常攻撃から特技奥義といった感じではなく
通常攻撃がなく特技のみでの戦闘といった感じ
戦闘システムは面白かったけどテイルズらしさはなくなってた



就活編
まだ職は見つかっておりません
求人を見ていてイラっときたのは
以前勤めていた会社のグループ会社が求人を出していたこと
そのグループ会社でも同じく首切りをしていたのになんともふざけた話である



書籍編
「流星ワゴン」著:重松清(11/6~11/13)
挫折せずに最後まで読んだはいいが
話の内容が主人公の妻や子供との話だったので人生経験の希薄な私には
あまり感情移入ができなかった
でも文体は読みやすかった

「その日の前に」著:重松清(12/5~12/27)
自分が死ぬその日の前に、親が死ぬその日の前に、愛する者が死ぬその日の前に
一体なにができるのだろうか、一体なにをしてあげられるのだろうか
そんな話
なんか温かい気持ちになったり暗い気持ちになったりと
純粋に楽しめなかった
こちらも人生経験の少なさから感情移入度は低かった

「吉祥寺の朝日奈くん」著:中田永一(1/1~1/3)
乙一が中田永一という名義で出してる本
本当に中田永一が乙一であるという確証はないが作風が乙一っぽいので
俺の中では中田永一=乙一でやってます
今回の作品でもニコニコ動画や撲殺天使ドクロちゃんがネタにでてきたりと
これ絶対乙一だろと言わんばかりである
仮に別人だとしても好きな作家が一人増えるだけで問題なし
短編が5作入ってる
どれも面白くてスラスラ読めた
やっぱり乙一の文章は読みやすい
一つ気になったのがミスだと思うけど「三角形はこわさないでおく」の中で
主人公がツナ&シーチキンというなんともツナまみれのおにぎりを食べていたのが面白かった

さて次は何を読もうか
今年こそは積み小説を全部消化したい
現在35冊積んでる状況なので月3冊ペース
がんばろう



映画編
なんやかんやで今回もありました

「THIS IS IT」
マイケルジャクソンの最後のコンサートのリハーサル映像をまとめた作品
単純にかっこよかったかっこよすぎて泣けた

天体小説
安達寛高(乙一の本名)が制作、監督、脚本を行った「一周忌物語」と
桜井亜美って人が制作、監督、撮影、脚本を行った「PLANETARIUM」という短編映画の二本立て
もちろん目当ては「一周忌物語」
なんとも不思議なお話でいまいち理解できなかったけど
面白くないことはなかった
「PLANETARIUM」の方はケータイ小説(笑)って感じで
ある意味おもしろかった

今は「レイトン教授と永遠の歌姫」が見たい



日常編
年末に以前勤めていた会社の後輩さん達が催した忘年会に行ってきた
誘って頂いて感謝感謝である
数名話せなかったけどみんな元気そうで何よりでした
相変わらず日常編は書くことがない
関係ないけど近々メールアドレスを変えようかと思ってる
メーラーデーモンから何件メールが届くか今から楽しみです^^^^^


ではまたいつか
スポンサーサイト
日記 | 14:00:19 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。