スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
下民
ど~も、劣等感の塊ドヤサです。

では続きへどうぞ


ゲーム編
~XBOX360の部~
9月の下旬に「Halo3:ODST」と「ギターヒーローエアロスミス」を購入
ヘイローの方は友人と一緒に一回CO-OPプレイしただけで
その後一度も起動していないというモッタイナイ状況
やっぱり俺はTPSの方が好きだなと再確認(実績160/1000)
ギターヒーローエアロスミスの方は日本橋で破格の1500円だったので即購入
ギターヒーロー3と違い難易度が低めで自分に丁度よい難易度だから楽しめた
3ではハードすら専コンでクリアできなかったけど
エアロスミスの方はエキスパートでもほとんど専コンでクリアできるほどの難易度
これぐらいの難易度が丁度よいね(実績715/1000)
さらにエアロスミスがちょっと好きになって洋楽も少しずつ聴くようになり
自分の中の音楽の幅も広がって尚良かった
ちなみにお気に入りの曲は「Dream On」(リンク先YouTube)
次に買ったのは「ギターヒーロー5
初の国外発売ソフトに手を付けてみました
所持してるギターヒーローとは違いドラムパートとボーカルパートが増えてるけど
ドラムは専コン持ってないボーカルは洋楽なんて歌えないってことでやってません
映像はすごい進化して他にはあまり変ったところもなく普通にやってました
相変わらず楽しく難易度は程良かったです(実績410/1000)
他には「Forza Motorsport 3」を購入
普段はあまりレースゲームをやらないのですが
2の頃からあるペイント機能に若干の興味を示しさらには
ちゃんぼーさんも購入するとの事だったの思い切って買ってみたがこれが大当たり
すごく楽しい
走って良し!眺めて良し!描いて良し!の三拍子
まず走って良しだが
あまりリアル仕様のレースゲームはやらないから難しいのだろうと思ってたけど
初心者に優しい仕様になっており色々とアシストもしっかりしていて
さらにはリワインド機能と言って「やっべミスった!」なんて時にBACKボタンを押せば
キュルキュルと映像が巻き戻りカーブに差し掛かる前に戻ったりできるので
下手な自分でもうまく行くまでやり直しができて良い
そしてそのやり直しまくって綺麗に走れているリプレイ(特に峠でドリフトしまくった)を
見てるだけで美麗グラフィックも相まって自分に酔える
これが眺めて良し!
最後に描いて良し
前作に引き続き車にペイントができるこれが楽しい
前作は車に直接書き込む形だったのが今作からはデカールのみを別で作成できるので
前作やったことないけど初心者にもとっつきやすくなってると思う
ちなみにペイントと言ってもペンで描いたりできる訳ではなく
○やら△やら□他にも(とかを駆使して絵を描かないといけない
この自由に描けない感じがパズルっぽくて楽しい
この○を少しずらしてここに□当てはめてといった感じ
さらに自分で作ったデカールを全世界の人に販売できるので尚良い
そしてこれが私の作った作品集+α
画像1:今までに作ったやつ
画像2:今までに作ったやつ
画像3:作ったリリエンタールを使ったデザインカー
画像4:他人が作ったデカールを購入して作ったデザインカー(エアーマンが倒せない仕様)
自分の中でのお気に入りはリリエンタールカー
元はR3クラスの車だけどグレードアップしてR2でも乗っております
売れ行きは芳しくないけど楽しいから良いんだ良いんだチクショウ!!
何はともあれForza3は楽しいってことです(実績720/1000)
最後に「鉄拳6」を親父が購入しましたが
鉄拳自体あんまりやったことがないのでほとんど手を付けてません
やってもCPU強いしストーリーモードはカメラワーク悪いし
色々と要領が悪かったりとシリーズ物だからって手を抜いてるんじゃないかと思える
でも実績のためにオンライン対戦30試合したけど対人戦は結構楽しめた
コンボとか立ち回りを覚えるときっと楽しいのだろう(実績255/1000)
現在の総スコア22925G

~PS3の部~
9月17日待望の「テイルズオブヴェスペリア」が発売した
XBOX360版の方を実績コンプするほどハマったヴェスペリアが
新しい仲間の追加やメインイベントフルボイス化など色々と新要素を追加して発売とあって
期待に胸膨らませて購入したが期待以上の仕上がりにびっくり
メインシナリオも新キャラパティやフレンが加わる事によってちょっとした会話内容が
変わってたりと細かいところも作りなおされてて良かったパティかわいいし
戦闘に関しては新技が少し増えてるけどあんまり変わったところはなかった
でもXBOX360の時は使ってた術技がほぼ固定だったので
PS3ではそれ以外の技を使うことによって新鮮にでき
むしろこっちの技の方が使いやすかったのかなど色々と発見できて改めて
ヴェスペリアの戦闘楽しいと思えた
新秘奥義も馬鹿っぽいのからカッコイイものまであってよかった
他にもサブイベントが増えてたりコスチュームやアタッチメントが増えて見た目にも楽しく
少し言いすぎかと思うけど新しいゲームかの如く楽しめた
PS3版も飽きることなく全トロフィー取得できました
と、ここまでベタ褒めしてきましたが不満点を少々
魔装具(敵一体倒す毎に攻撃力+1)の上限が9999になったこと
XBOX360版では1万越えの攻撃力で俺TUEEEEEEEEEEEができたのにその辺はちょっと残念
隠しダンジョンのボスは魔装具武器無効とかやってるんだから上限高いままでいいじゃない
ただPS3版からは魔装具の能力が2週目に引き継げるのは◎
他にはユーリの術技「爆砕陣」が剣装備時に連発できなくなったこと
360版ではOVL時に「爆砕爆砕爆砕爆砕爆砕爆砕爆砕」と連発できて尚且つ
単発の威力が高くて楽しかったのに
PS3版では「爆砕 爆砕 爆砕 爆砕 爆砕 爆砕 爆砕」といった感じで感覚が空いて気持ち良くない
不満点はこれぐらい
やっぱりテイルズオブヴェスペリアはテイルズの中で一番おもしろい
ヴェスペリアが面白い分、次にでるグレイセスがちょっと不安、買うけど
蛇足
事あるごとにXBOX360版と比較しておりますが
XBOX360版も十分に楽しいので誤解しないでください
100点のものが120点になった感じです

~DSの部~
「スローンとマクヘールの謎の物語2」をクリアしました
飽きることなく楽しめました
むしろもっとやりたい!と思えるぐらいに
3の発売があれば発売日に購入するでしょう
10月上旬に「ポケットモンスターソウルシルバー」を購入
購入したはいいけどあんまり進んでません
なんかLVあげるのが面倒でゴーストタイプのジムリーダーのところで止まってます
さらにはちょっと楽しみにしてたポケウォーカーも万歩計としては致命的な
歩数をちゃんと計算しやがらねぇ
とても残念だ
ほんで今何となく欲しいのが「サクラノート ~いまにつながるみらい~
発売日に買いに行ったら売り切れなのか端から仕入れてないのか売ってなかった
これは面白くないから買わない方がいいよという啓示なのだろうか
次見に行ってなかったら買わないでおこうと思う

~PSPの部~
やっとこさ「Ever17」をプレイした
武編のエンディングを2個ほど見たけどネットで高評価を得ているような驚きはまだない
今は少年編の途中だがいつになったら驚きの展開になるのだろうか
今のところの評価は至って普通

~Wiiの部~
前回の更新から引き続き「モンスターハンター3」をやってましたが
9月下旬のマガジンイベントを最後にやめました
まだHR50試験のやつをソロクリアとかやってないけど飽きた
やっぱりボリューム不足は否めませんね
っても319時間もやってますが
ちなみにHR69でした



就活編
ニートになりました



書籍編
アヒルと鴨のコインロッカー 著:伊坂幸太郎(9/1~9/14)
のはなしに 著:伊集院光(10/1~11/5)
博士の愛した数式 著:小川洋子(10/18~10/21)
チルドレン 著:伊坂幸太郎(10/23~10/30)
流星ワゴン 著:重松清(11/6~)
前回更新から読んだ分

「アヒルと鴨のコインロッカー」
過去と現在の話を交互に読ませて現在の状況が過去に起因しているっぽい?
てな感じで読ませて行く様はよかった
でもやっぱりオチが読める感が少しあるのでもう少し以外性が欲しいところ
ちょっとずつ登場人物が個性的になってきている
発行年月日順に読んでるけどじわじわと伊坂作品が面白くなっている
関係ない話だが劇中に動物園が登場するのだが
その影響で小学生の遠足以来行っていない動物園に行きたくなった

「のはなしに」
tu-kaの携帯電話契約者かつ希望者に送信してたメルマガでのコラムを集めた作品
タイトル通り「あそこが痒いの話」とか「ゴキブリの話」など「~の話」ってのが詰まった作品
「のはなし」の第二弾
第一弾同様いい意味でくだらなくて面白かった
「兎が眠った理由」と「んまーい!」のはなしがお気に入り
でも第一弾の方がおもしろかった
でもでも第三弾がでたら買う

「博士の愛した数式」
記憶が80分しか持たない数学博士と家政婦と家政婦の子供の話
何気ない数字を見てはその数字に対して数学的な事を述べる博士の話が
おもしろくてあんまり数学好きではなかった私も数学って不思議で面白いと思えた
登場人物もみんな良くてほっこりできる良い作品でした

「チルドレン」
連作短編集というのだろうか登場人物はほどんど一定だが
主観と時間軸が短編毎に変わっている話
銀行強盗に会った話や家庭裁判所の調査官の話とか
この作品で気に入ってるフレーズが載せていいのか知らんが
「彼らは一人きりでいるときは問題がなくとも、集団になると歪むのだ。
-中略-
『子供の事を英語でチャイルドというけれど、複数になるとチャイルズじゃなくて、
チルドレンだろ。別物になるんだよ』
と良く言った。そういう性質なのだ。と」
なんとも的を射た言葉だ
伊坂のこういった言い回しが好きだ
なかなか面白かった

「流星ワゴン」
読み始めたばっかり
まだ20Pぐらいしか読んでないのでなんも言えません
ただ過去に重松清の「送り火」って短編集を挫折してるので
最後まで読みたい



映画編
恐らく今回だけであろう映画編
サマーウォーズ
テイルズオブヴェスペリア~The First Strike ~
の二つの映画を見た

「サマーウォーズ」
熱かった!!映像も綺麗だし演出も良いし
ホロっとくるところもあって良い映画でした

「テイルズオブヴェスペリア~The First Strike~」
ゲームのファンとしては見ておかねばならんと思い見てきた
本編の4年ぐらい前(?)のユーリが騎士団にいた頃の話で
本編につながる所がちょこちょこと出ていてあの時のあれはこれだったのか
とか思ったりできてなかなか楽しかった
ゲーム本編の仲間をどういう風に出すのか気になってたが
エステル、リタ、レイヴンは普通に出てきて
カロルは背景で歩いてる通行人A的な姿が2秒程
ジュディスに至っては発見できなかった
それが残念

今はマイケルジャクソンの「THIS IS IT」が見たい



日常編
10月上旬以前勤めていた会社の先輩後輩同期と遊んだ
会社の事は好きじゃないけど会社にいた人たちの事は大好きだ
しかし時間が経つにつれて先輩後輩も新しい職場を見つけ
違う道を歩み出すのだろうから会わなくなるのかなと思うと寂しい
「じゃあ自分から誘えばいいじゃないか」って話だけど
どうやって誘えばいいのか俺みたいなもんの誘いに乗ってくれるのか等々
マイナスな事が頭を常に巡ってて誘うに誘えません
そんな悶々とした日々を送っております
10月下旬に高校の同窓会に参加した
相も変わらずいい意味でアホな連中で安心した
久しい友人と楽しいひと時を味わえました


駄文乱文でごめんなさい
ではまたいつの日か
スポンサーサイト
日記 | 18:45:06 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。