スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
まっしぐら
ど~も、ニートまっしぐらドヤサです。

続きへどうぞ


ゲーム編
~XBOX360の部~
前回更新時にやってたブレイブルーとコールオブデューティ4ですが
ブレイブルーはとりあえず実績全解除してからやってません(実績1000/1000)
コールオブデューティ4はイマイチなじめず中途で放置しております。(実績100/1000)
そんな最中再燃したのがリッジレーサー6
何となく久しぶりにやってみたら面白すぎた
とりあえず表ステージを全クリして戦いはこれからだって感じでモリモリと
新ステージが出たところでやめてたので続きをやってみた
敵も速くなっててなかなかやり応えがあって楽しかった
とくにタイマン勝負が熱かった(実績205/1000)
楽しくてまだまだステージ残ってたけど奴の発売日が来たので終了
そう「ギアーズオブウォー2」が発売したのです
ってもそんなに楽しみにしてた訳じゃないんですけどね
予約もしてなかったし
やってみた感想としても1とそこまで変わった部分はなかったものの
安定したおもしろさはありました(実績485/1000)
モンハン3の発売日が迫ってて急いでクリアしたのが
面白さちょっと奪った可能性はありますけどね
現在の総スコア20645G

~PS3の部~
一回だけちゃんぼーとメタルギアやっただけ

~DSの部~
スローンとマクヘールの謎の物語2」を購入しました
1同様楽しんでおります
ただ今回は10問クリアするごとにちょっと特殊な問題が出されるようで
こちらもなかなかおもしろいです
他は何もやっとりません

~Wiiの部~
よくよく思い返してみると「428~封鎖された渋谷で~」をクリアしてなかった
クリアしてなかったが「モンスターハンター3」が発売してしまったため
しばらくは起動される事はないでしょう
ほんでもってモンハン3ですがプレイ時間が現在229時間40分
という廃人になっております
廃人になっておりますがHR50とまだ最後まで行けておりません
HR50の緊急クエストをソロでクリアするという野望が未だに達成できないため先に進めん
一体何の武器で行けばいいのやら
とりあえずもうしばらくは楽しめそうです

~PSPの部~
テイルズオブバーサス」を購入しました
とりあえずユーリ&ファラコンビのストーリーをクリアしました
おもしろかった、おもしろかったけど
他のキャラのストーリーをやろうと思っても
パラメータが初期値なもんでまた一から育成するのが面倒だなぁと思い放置中
決して面白くないわけじゃないですよ



仕事編
9月末をもってドヤサは現在勤めている会社を退職することにしました
退職勧奨を1か月受け続けた結果お互いに何か相手の粗を見つけて
小馬鹿にし合うような感じになってきて

~~~~~面談中のワンシーン~~~~~

D=ドヤサ、J=次長
仕事がないない言われるもんだから
D「仕事ないない言ってますけどちゃんと営業やってるんですか?」
J「やってるよ!週5~8社ぐらい回ってるわ」
D「そうですか、既存の会社ばっかり行ってるんじゃないですか?
飛び込み営業とかしてるんすか?」
J「君は飛び込み営業がどんなんか知ってるのか?」
D「知ってますよ」
J「今の世の中アポなしで突っ込んで行っても話すら聞いてもらわれへんのやぞ」
D「そこは根気よくがんばってくださいよwww」
J「君みたいなやめる踏ん切りもつかん奴にそんな事言われたくもないわ!
 じゃあ君が営業やってくれんのか!」
D「嫌ですよwww営業嫌やからこっちでやってるんじゃないですか」
J「じゃあ文句言うな!とりあえずD君が飛び込み営業でもしてみればって
  言ってたわって他の営業の奴に言っとくわ」
D「ちょww告げ口ですか?アホらし」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

と、まぁこんなやりとりをしてまして
ふと気付いてしまったのです「何やってんだろう」と
さらには一年目社員も大半が辞めさせられて
一年目社員のいなくなったこの会社に未練はない!って感じでした
まぁ何だ、特に先が見えてる訳でもないのでこのままいったらニート確定です
どうしたもんか



書籍編
秘密 著:東野圭吾(7/21~7/25)
真夜中の五分前side-A 著:本多孝好(7/26~7/26)
真夜中の五分前side-B 著:本多孝好(7/29~7/31)
重力ピエロ 著:伊坂幸太郎(8/18~8/29)
前回更新から読んだのがこんだけ
モンハンでてから格段に読むペースが落ちた

「秘密」
泣きました
小説読んでここまで泣いたのは初めてです
読み終わった後もいろいろ思考を巡らしてまた泣いてました
よかったです

「真夜中の五分前side-A」
「真夜中の五分前side-B」
正直あんまり記憶に残ってない
至って普通の仕上がりでした
でも文体は結構読みやすかった

「重力ピエロ」
映画化もされており巷でも面白いと評判なこの作品ですが
私には合いませんでした
特に驚きもなくただただ終わって行きました
きっとこの本は世界観を楽しんだもん勝ちやと思います

ほんで現在は「アヒルと鴨のコインロッカー」著:伊坂幸太郎を読んでおります
重力ピエロのリベンジがなされる事を期待しております



日常編
何も起きておりません

しかしつまらん文章だ

ではまたいつか
スポンサーサイト
日記 | 20:25:10 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。